歯を白くする歯磨き粉のおすすめなら@はははのは!
ホームボタン

自宅で歯を白くするのがおすすめ♪

自宅で手軽にホワイトニング

歯の黄ばみとか、歯の表面の茶色いステインってなんとかしたいですよね。周りの人って、けっこう他人の歯の色って見ていそうだし。実際、わたしも周りの人の歯の色って見ちゃいます。そう思うと、「なんとかしたいなあ..」って切実に思う。でも歯医者さん行って治療してもらうとなると、ちょっと面倒だし。歯医者でやるオフィスホワイトニングって、数万円以上とか掛かるって言うし。。もう少し手軽に歯のホワイトニングをするとしたら、やっぱり自宅でできる方法ですよね。

歯医者でやるホワイトニング

芸能人みたいなピッカピカの白い歯にしたいなら、歯医者でやってもらうオフィスホワイトニングと呼ばれる方法がたしかにいいかもしれませんね。でも、一般人がやるとけっこう目立つから、それなりに覚悟が必要ですけど。1回数万円くらいで、3,4回通うと、かなり白くなるみたい。歯医者さんでやるオフィスホワイトニングっていう方法は、高濃度の過酸化水素という漂白剤を使って、専用の機械で光を歯に当てる。そうすると、歯の表面が脱色されるのと、歯の表面が擦りガラス状みたいになって、エナメル質の下の黄色の象牙質の色がカバーされて、歯の表面が白く見えるようになるんです。これは歯医者さんでなくてはできない、歯を白くするホワイトニング方法。

でも、一度やったら永遠に白い歯がキープできるわけじゃないんです。効果が持つのは3カ月から6カ月程度。そうしたら、また元に戻っちゃうんです。だから、元に戻る前に、定期的に歯医者に行って、タッチアップという、再度のホワイトニングを繰り返さないとだめなんです。これを永遠に続けるのって、私には正直無理かなって思います。

自宅でやるホームホワイトニングなら大丈夫?

ホームホワイトニングってどんな方法か知ってます?ホームホワイトニングっていうのは、自宅でやるんですけど、最初は歯医者さんに行きます。歯医者さんに行って、ホワイトニング専用マウスピースを作ってもらいます。だいたい3~4日くらいで完成します。

そのマウスピースに、歯医者さんが処方してくれた漂白剤(過酸化尿素という、過酸化水素より1/3程度薄めの漂白剤)を注入して、自宅で1日2時間ほど装着して、歯を白くしていく方法です。この生活を数週間から3カ月ほど続けます。

ちなみに、毎回ホワイトニングの後1時間は、食事制限があります。ホームホワイトニング期間中は、日常生活がけっこう不便になってしまうのが困るんですよね。オフィスホワイトニングと比べると、費用は抑えられるし、効果の持続期間も1年くらい持つらしいので、その点では魅力的ではります。でも、毎日2時間もマウスピース付けて、そのあとも食事制限があったりすると思うと、やっぱり不便ですよね。

じゃあ、セルフホワイトニング?

最近はセルフホワイトニングっていうのもあるんですけど、聞いたことありますか?最初に言っておきますと、個人的にはあまりおすすめではありません。

セルフホワイトニングというのは、サロン(医療機関ではありません)に行って、そこでスタッフの指導を受けたうえで、あなたが自分自身でホワイトニングをやる方法なんです。歯医者で使用しているような漂白剤は使えないし、結局全部自分でやらないといけない方法です。1回数千円くらいからできるので、安さは魅力だけど、だったら自分で自宅でやるって思っちゃいます。

歯磨き粉を使った方法で歯を白くする

結局行き着いたのは、専用の歯磨き粉を使って、自宅でホワイトングするという方法。一番手軽にホワイトニングにトライできる方法です。ホワイトニング用歯磨き粉というのがあって、普段の歯磨き粉の代わりにそのホワイトニング用歯磨き粉を使って歯のブラッシングをします。

芸能人のような真っ白なピカピカの歯というわけにはいかないけど、歯の表面に付着した色を取り除いて、歯を白くしてくれます。だったらいいですよね。歯医者に通う必要もないし、食事制限もありません。費用的にも、一番安く歯のホワイトニングができますからね。

ただし、歯磨き粉選びで注意点が

ホワイトニング用歯磨き粉選びで注意してほしいことがあります。研磨剤が入った歯磨き粉を選ばないってことなんです。研磨剤が入ってても問題ないですよって言う人もいますけど、歯医者さんは研磨剤が入った歯磨き粉を勧めませんよね。歯の表面のエナメル質に傷をつけてしまうことがあるからなんです。

歯医者さんは知っているんですね。歯の表面に傷がつくと、そこに汚れが不着しやすくなってしまう。結果的に、そこの部分に色が付きやすくなってしまうんですね。だから歯医者さんも勧めないという。納得です。なので、買うなら研磨剤なしのホワイトニング用歯磨き粉というわけです。

研磨剤入りホワイトニング歯磨き粉と、研磨剤無しホワイトニング歯磨き粉との違いはどんなところ?

笑った時に見える歯が白いと清潔感があり他の人にも好印象を与えます。定期的に歯医者に通ってホワイトニングをする時間があればいいですが、とてもそんな暇がないという人も少なくないでしょう。最近は市販の歯磨き粉で手軽にホワイトニングすることも出来ます。ただホワイトニング歯磨き粉には研磨剤が含まれているものがほとんどで、イメージとしては歯を白くする代わりに削ってしまう心配があります。今は昔と違い粉ではなくペースト状の歯磨き粉であるため、研磨剤の粒子も細かくそこまで激しく歯が削られてしまうという心配はないと言えます。

それでも全く削られないわけではないため出来るだけ少ない方がいいと考える人もいるでしょう。歯磨き粉の成分の中に清掃剤と記載されていればそれが研磨剤のことです。この割合が10%?60%であることが研磨剤入りということになり、この基準を満たしていなければ若干含まれていても研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉ということになります。エナメル質や象牙質が傷付くことを避けるには研磨剤なしを選ぶべきではありますが、ホワイトニングする上で研磨剤が少ないもしくは含まれていない場合、ホワイトニング効果にはあまり期待出来ないかもしれません。しかし研磨剤入りのものよりは時間がかかるものの研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉でも高い効果を発揮する商品は存在するようです。

歯を削って白くするのではなく、高濃度のホワイトニング成分を配合し着色汚れを浮かせて落とすという方法で白くします。そのため歯の表面を傷付けることなくホワイトニングすることが出来るのです。効果を感じるまでには個人差があり早い人だと1ヶ月、遅い人は3ヶ月以上経ってからということもあるようです。さらに値段も高めのものが多く、2000〜6000円ほどするとされています。多少歯が削れてしまっても早く安く歯が白くなる研磨剤入りか、時間とお金はかかるものの歯を削る心配のない研磨剤なしのもの、どちらにするかはよく吟味する必要があります。

通販で発見、研磨剤なしのホワイトニング用歯磨き粉

近所の薬局やドラッグストアでは、研磨剤なしのホワイトニング用歯磨き粉売っていないけど、インターネットのオンラインショップでなら見つけることができます。

歯の表面の付着物を浮かせて、成分を溶解して、取り除く。こういうことを可能にしてくれる成分が、研磨剤の代わりに配合されている歯磨き粉です。だから、歯を傷つけることなく、歯を白くすることが出来ます。安心して使えますね。

一番のおすすめの歯磨き粉は「はははのは」

いくつか種類があるのですが、おすすめするならどれかと言うと、「はははのは」というホワイトニング用歯磨き粉です。効果とお値段を考えた場合に、一番バランスが良いと思うからです。

研磨剤なしのホワイトニング用歯磨き粉って普通の歯磨き粉と比べると、お値段は高めです(それだけの価値はあると思っています)。でも、あんまり高すぎると買うのもためらってしまいますよね。

「はははのは」は、製薬会社と共同開発した商品で、ホワイトニングのための成分がしっかりと入っていています。しかも無添加で低刺激。それでもって、お値段も他の商品よりも安いんです。

それと、他の商品は定期購入で、最低3回以上の購入の必要があるんですけど、「はははのは」は1回でもOK。2回目以降が必要なかったら、何の問題もなくキャンセルできます。しかも10日間の返金保証付きです。他よりも断然お薦めだなって思うのが「はははのは」です。

ホワイトニング歯磨き粉の比較表

他の歯磨き粉との比較表も掲載するようにいたしますね。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 歯を白くする歯磨き粉のおすすめなら@はははのは! All Rights Reserved.